富士古河E&C株式会社

IR情報

ディスクロージャーポリシー

基本方針

当社は、株主を始めとした様々なステークホルダーの皆様に向けて、当社に対する理解を促進し、適正な評価を実現するため、適法性、適時性、公平性、透明性を重んじた情報開示を行います。

情報開示の基準

当社は、投資判断に影響を与える決定事項、発生事実、決算に関する情報が発生した場合、金融商品取引法等の諸法令及び東京証券取引所の定める適時開示規則に沿って情報の開示を行います。
また、適時開示規則に該当しない場合であっても、投資判断に資する情報については積極的に開示します。

情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報公開は、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じて行います。公開した情報は速やかに本ウェブサイトに掲載します。

沈黙期間について

当社では、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間とし、決算および業績見通しに関する問い合わせにつきましては、回答を差し控えさせていただきます。ただし、沈黙期間中に開示すべき重要事実が発生した場合は、速やかに公表致します。また、公表された情報に対する問い合わせについては、この限りではありません。

将来の見通しについて

開示情報のうち、将来の見通しや見解については、開示時点で得られる情報に基づいた判断であり、不確実性を含んでいます。実際の成果や業績は、様々な要因によって差異が発生する可能性があります。

※当ウェブサイトにおける情報検索にあたりましては、ディスクロージャーポリシーのほか、別途掲載の「ご利用にあたって」も合わせてご参照ください。

TOP