富士古河E&C株式会社

企業情報

沿革

  • 大正12(1923)年10月 大型船の艤装電気工事、製紙機械の輸入及び修理、羅紗の輸入を主な目的として東京市麹町区に合資会社高千穂商会を設立
  • 昭和19(1944)年12月 富士電機製造株式会社(現 富士電機株式会社)が当社の全株式を取得
  • 昭和25(1950)年  4月 商号を富士電気工事株式会社に変更
  • 昭和27(1952)年  9月 水力発電設備工事の請負施工を開始
  • 昭和28(1953)年  6月 鉄鋼プラント設備工事の請負施工を開始
  • 昭和30(1955)年  9月 建築付帯電気設備工事の請負施工を開始
  • 昭和35(1960)年  4月 上下水道設備工事の請負施工を開始
  • 昭和36(1961)年  4月 商号を富士電機工事株式会社に変更
  • 昭和39(1964)年  2月 原子力発電設備工事の請負施工を開始
  • 昭和40(1965)年  9月 火力発電設備工事の請負施工を開始
  • 昭和44(1969)年12月 フジデンキエンジニアリング社(タイ)〔現 富士古河E&C(タイ)社〕を設立
  • 昭和48(1973)年  5月 古河電気工業株式会社の工事部門と古河電設株式会社が合併し、古河総合設備株式会社を設立
  • 昭和51(1976)年  9月 富士電機家電株式会社の設備工事部門及び環境システム部門を継承し、 富士電機総合設備株式会社(昭和57年12月に富士電機総設株式会社に商号変更)を設立
  • 昭和59(1984)年  3月 FAシステム設備工事の請負施工を開始
  • 平成  5(1993)年  3月 建築工事の請負施工を開始
  • 平成  8(1996)年  2月 東京証券取引所市場第二部銘柄として上場
  • 平成  9(1997)年10月 ビナフジエンジニアリング社 〔現 富士古河E&C(ベトナム)社〕を設立し、電気工事業に進出
  • 平成10年(1998)  1月 フジハヤインターナショナル社(フィリピン)を設立
  • 平成17年(2005)  2月 本社を川崎市幸区(現在地)に移転
  • 平成17年(2005)  7月 商号を富士電機E&C株式会社に変更
  • 平成21年(2009)  4月 カンボジア支店を設立
  • 平成21年(2009)10月 古河総合設備株式会社及び富士電機総設株式会社と合併し商号を富士古河E&C株式会社に変更
  • 平成22年(2010)10月 富士古河E&C(マレーシア)社を設立
  • 平成23年(2011)  7月 カンボジア支店を改組し、富士古河E&C(カンボジア)社を設立
  • 平成24年(2012) 9月 富士古河E&C(ミャンマー)社を設立
  • 平成25年(2013)  9月 富士古河E&C(インドネシア)社を設立
  • 平成26年(2014)  9月 富士古河コスモスエナジー合同会社を設立
  • 平成27年(2015)  9月 株式会社カンキョウの全株式を取得し子会社化
TOP